イタリア人は郷土料理を愛する

イタリアで食事に関する話を聞いていると、「イタリアにはイタリア料理というものはなく、あるのは郷土料理だ」という話をよく聞くそうです。それはイタリアという国の歴史を見ると納得することができます。
今の「イタリア」という国が造られたのは1861年。その当時は「イタリア王国」として、現在のイタリアのある土地に点在していた独立国家を1つに統一することによって誕生しました。現在ではイタリア共和国となりましたが、こうして考えてみるとイタリアの国家としての歴史というのはとても短いのです。
そのため、今でも各地方の固有の文化などが消え去ることなく、とても尊重されていたりします。統一される前、それぞれの小国が培ってきた伝統や歴史、文化が今でも脈々と受け継がれているのです。
それは料理にも反映されています。そのため、全国区に広がっているイタリア料理というのは少なく、その地方に伝わる食事をいただくというふうになっています。
ローマで食事をすればローマの伝統料理を、シチリアで食事をすればシチリアの伝統料理をといった具合です。

イタリアで食事に関する話を聞いていると、「イタリアにはイタリア料理というものはなく、あるのは郷土料理だ」という話をよく聞くそうです。それはイタリアという国の歴史を見ると納得することができます。

今の「イタリア」という国が造られたのは1861年。その当時は「イタリア王国」として、現在のイタリアのある土地に点在していた独立国家を1つに統一することによって誕生しました。現在ではイタリア共和国となりましたが、こうして考えてみるとイタリアの国家としての歴史というのはとても短いのです。

そのため、今でも各地方の固有の文化などが消え去ることなく、とても尊重されていたりします。統一される前、それぞれの小国が培ってきた伝統や歴史、文化が今でも脈々と受け継がれているのです。

それは料理にも反映されています。そのため、全国区に広がっているイタリア料理というのは少なく、その地方に伝わる食事をいただくというふうになっています。

ローマで食事をすればローマの伝統料理を、シチリアで食事をすればシチリアの伝統料理をといった具合です。