イタリア料理のマナー

フランス料理ほど堅苦しさがないため、気軽にたのしめることのできるイタリアンですが、それでも最低限のマナーというものがあります。これさえ知っておけば高級イタリアンのお店に行っても緊張することはないでしょう。
レストランへ行き、一番緊張してしまうのがカトラリー(フォーク類)をどのタイミングでどのように使うのかということではないでしょうか。
心配はありません。外側から順番に使っていけばいいのです。そのように配置してくれます。順を追って使っていくと、ちゃんと料理に合ったカトラリーがおかれていることに気づくでしょう。
アンティパストは簡単な料理なのでフォークだけで食べることが多いようです。日本人はパスタを食べるときフォークと一緒に必ずスプーンを使いますが、本場ではあまりスプーンは使われません。ただし、スープが多いパスタの場合はスプーンを使うこともあります。
食べている途中では、ナイフとフォークは皿の上でハの字に置き、食べ終わったら2つを揃えて皿の上に置きます。

フランス料理ほど堅苦しさがないため、気軽にたのしめることのできるイタリアンですが、それでも最低限のマナーというものがあります。これさえ知っておけば高級イタリアンのお店に行っても緊張することはないでしょう。

レストランへ行き、一番緊張してしまうのがカトラリー(フォーク類)をどのタイミングでどのように使うのかということではないでしょうか。

心配はありません。外側から順番に使っていけばいいのです。そのように配置してくれます。順を追って使っていくと、ちゃんと料理に合ったカトラリーがおかれていることに気づくでしょう。

アンティパストは簡単な料理なのでフォークだけで食べることが多いようです。日本人はパスタを食べるときフォークと一緒に必ずスプーンを使いますが、本場ではあまりスプーンは使われません。ただし、スープが多いパスタの場合はスプーンを使うこともあります。

食べている途中では、ナイフとフォークは皿の上でハの字に置き、食べ終わったら2つを揃えて皿の上に置きます。