イタリアンのメニュー構成~ドルチェ~

イタリアンの最後のシメには必ずドルチェが出されます。ドルチェというのはデザート、甘いものという意味があります。
和食のコース料理の最後にデザートがつくということはあまりありません。ついてもデザートという感じでしょう。しかし西洋料理では必ずと言っていいほど甘いお菓子がつきます。それは、西洋料理では料理のなかで糖分をあまり使わないため、食事のシメに甘いもので糖分の補給をするようにできているのです。そのためヨーロッパのお菓子文化というのはとても奥が深く、メニューが豊富です。
イタリアンのドルチェとして有名なのは、日本でも一時熱狂的なブームになりましたティラミスがあります。他には、たくさんのフルーツで作られるマチェドニアというフルーツポンチのようなもの、クレームカラメルというプリンのようなデザートがあります。イタリアのアイスといえばジェラート。ジェラートだけを売っている専門店もあるぐらいですから、イタリアのデザートもやはり日本ではかなりの人気です。

イタリアンの最後のシメには必ずドルチェが出されます。ドルチェというのはデザート、甘いものという意味があります。

和食のコース料理の最後にデザートがつくということはあまりありません。ついてもデザートという感じでしょう。しかし西洋料理では必ずと言っていいほど甘いお菓子がつきます。それは、西洋料理では料理のなかで糖分をあまり使わないため、食事のシメに甘いもので糖分の補給をするようにできているのです。そのためヨーロッパのお菓子文化というのはとても奥が深く、メニューが豊富です。

イタリアンのドルチェとして有名なのは、日本でも一時熱狂的なブームになりましたティラミスがあります。他には、たくさんのフルーツで作られるマチェドニアというフルーツポンチのようなもの、クレームカラメルというプリンのようなデザートがあります。イタリアのアイスといえばジェラート。ジェラートだけを売っている専門店もあるぐらいですから、イタリアのデザートもやはり日本ではかなりの人気です。