イタリアンのメニュー構成~セコンドピアット~

日本に住んでいると、和食のコース料理を食べる機会は何度となくありますが、イタリアンのコース料理をいただく機会というのは、そんなに多くありません。日本人はピザやパスタは好きで、単品で頼むことができるお店というのは昔からありますが、コース料理をいただけるリストランテというのは、ここ最近になって増えてきたといえるでしょう。そのため、イタリアンにおけるコース料理の食べ方というのを知らない人が多いようです。
イタリアンでは最初に前菜、そして最初のお皿であるプリモピアットをいただきます。プリモピアットではパスタやリゾットなどをいただきます。
その次には、「第二の皿」と言われるセコンドピアットが出てきます。セコンドピアットでは、コースのメインとなる肉か魚のどちらかの料理を選んで食べることができます。
肉でしたら、日本ではあまり食べられない子羊や子牛などがよく食べられます。魚は日本でも馴染みのある鯛やメカジキなどがグリル、アクアパッツァなどで出てきます。

日本に住んでいると、和食のコース料理を食べる機会は何度となくありますが、イタリアンのコース料理をいただく機会というのは、そんなに多くありません。日本人はピザやパスタは好きで、単品で頼むことができるお店というのは昔からありますが、コース料理をいただけるリストランテというのは、ここ最近になって増えてきたといえるでしょう。そのため、イタリアンにおけるコース料理の食べ方というのを知らない人が多いようです。

イタリアンでは最初に前菜、そして最初のお皿であるプリモピアットをいただきます。プリモピアットではパスタやリゾットなどをいただきます。

その次には、「第二の皿」と言われるセコンドピアットが出てきます。セコンドピアットでは、コースのメインとなる肉か魚のどちらかの料理を選んで食べることができます。

肉でしたら、日本ではあまり食べられない子羊や子牛などがよく食べられます。魚は日本でも馴染みのある鯛やメカジキなどがグリル、アクアパッツァなどで出てきます。