イタリアンのメニュー構成~プリモピアット~

アンティパストをいただいた後には、メインメニューが出てきます。メインの最初に出てくるお皿をプリモピアットと言います。直訳すると「第一の皿」という意味。
プリモピアットではパスタ類やリゾット、具沢山のスープなどが出てきます。和食では炭水化物のメニュー、例えばご飯や麺類などはコースの一番最後に出てきますが、イタリアンの場合は肉や魚の前にこれらをいただきます。
ですから、プリモピアットが最後のお皿だと思って、おもいっきり食べてしまい、次のお皿のものをいただけなくなってしまうという人も多いそうです。食の細い人も、主食をいただいてしまうとお腹が一杯になってしまうでしょう。次にまだお皿が来るということを念頭に置いて、パンやアンティパストなどを食べる量を調節しましょう。
ちなみに量は少なめとなっています。日本でいうパスタの一人前と比べると少ないでしょう。コース全体を考えての量ですから、少ないと文句を言わないようにしましょう。

アンティパストをいただいた後には、メインメニューが出てきます。メインの最初に出てくるお皿をプリモピアットと言います。直訳すると「第一の皿」という意味。

プリモピアットではパスタ類やリゾット、具沢山のスープなどが出てきます。和食では炭水化物のメニュー、例えばご飯や麺類などはコースの一番最後に出てきますが、イタリアンの場合は肉や魚の前にこれらをいただきます。

ですから、プリモピアットが最後のお皿だと思って、おもいっきり食べてしまい、次のお皿のものをいただけなくなってしまうという人も多いそうです。食の細い人も、主食をいただいてしまうとお腹が一杯になってしまうでしょう。次にまだお皿が来るということを念頭に置いて、パンやアンティパストなどを食べる量を調節しましょう。

ちなみに量は少なめとなっています。日本でいうパスタの一人前と比べると少ないでしょう。コース全体を考えての量ですから、少ないと文句を言わないようにしましょう。