イタリアワインの特徴

●イタリアワインの特徴

長靴の形というなんともかわいらしい形をしたイタリア。南北に長く伸びているという国土は、北は寒く、南は亜熱帯気候という、1つの国でも土地ごとにさまざまな特徴を持っています。
イタリアではワイン作りが盛んです。イタリアワインというと世界でも愛好家が多数いるほど、その品質や味は世界でもトップクラス。生産量では毎年フランスと首位の座を競っています。
イタリアでワイン作りが始められたのは紀元前2000年頃。古代ギリシャからワイン作りの知識が持ち込まれ作られるようになったのですが、イタリアの土壌と気候はワインの原料となるブドウ作りにぴったりだったようです。イタリアには現在20の州がありますが、そのほぼすべての州でワイン作りが行われているといいます。
イタリア土着種で作られたワインが代表的なものとなていますが、シャルドネ種など、国際品種を使用したワインもたくさん作られるようになり、その味と品質もどんどん高まっています。

長靴の形というなんともかわいらしい形をしたイタリア。南北に長く伸びているという国土は、北は寒く、南は亜熱帯気候という、1つの国でも土地ごとにさまざまな特徴を持っています。

 

イタリアではワイン作りが盛んです。イタリアワインというと世界でも愛好家が多数いるほど、その品質や味は世界でもトップクラス。生産量では毎年フランスと首位の座を競っています。
銀座でワイン

イタリアでワイン作りが始められたのは紀元前2000年頃。古代ギリシャからワイン作りの知識が持ち込まれ作られるようになったのですが、イタリアの土壌と気候はワインの原料となるブドウ作りにぴったりだったようです。イタリアには現在20の州がありますが、そのほぼすべての州でワイン作りが行われているといいます。

イタリア土着種で作られたワインが代表的なものとなていますが、シャルドネ種など、国際品種を使用したワインもたくさん作られるようになり、その味と品質もどんどん高まっています。

●イタリアワインの格付け

牛肉などにも、その品質の良し悪しを定めるための格付けというものがあります。例えば、A5ランクの肉だというと、牛肉のなかでは最高級に上質なものであるという判断がなされます。

同じようにワインにも、その品質を評価するための格付けというものがあります。フランスのA.O.Cワインを模範して、1963年にイタリアで定められた「ワイン法」というもので格付けが決められています。

イタリアワインの最高ランクはD.O.C.G(統制保証原産地呼称)、次がD.O.C(統制原産地呼称)、次にV.d.T.I.G.T(典型的生産地表示付)、一番下のランクはV.D.T(テーブルワイン)、このように決められています。

しかし、すべてのワインがこの基準で正確に格付けされているかというとそうではありません。最上ランクにあるワインでも、開けてみれば大した味ではなかったということもありますし、テーブルワインとして世に送り出したものが、とても高い評価をうけることもあるのです。